沖縄県宜野湾市の下肢静脈瘤クリニック【保険適用】【日帰り治療】

下肢静脈瘤とは

  • HOME »
  • 下肢静脈瘤とは

血液の流れ

血液は体内をくまなく循環しています。

心臓→動脈→抹消(まっしょう)(臓器、四肢など)→静脈→心臓の順に循環しています。
静脈は心臓より遠い位置から心臓へ血液を戻すのに逆流してしまわないように逆流防止弁がたくさん存在しています。

下肢静脈瘤とは

下肢(足)の比較的太い静脈の逆流防止弁が壊れてしまい、心臓に戻るべき血液が一部逆流を起こし(血液が足首に向かって逆流してしまう)血液を足の静脈にとどめてしまい、圧力が上がり静脈が膨れてしまう病気です。

逆流防止弁は血液が心臓にスムーズに帰るのをサポ-トしてくれるとても大切な存在ですが壊れてしまった弁は治すことができません。
壊れた弁が増えると血液の流れが滞りスムーズに心臓に帰れなくなり下肢血管の中で血液の大渋滞が発生してしまいます。

次第に血管は風船のように膨らみ時には皮膚を突き破り潰瘍となりライフスタイルに支障をきたします。
「命に直結はしない」「良性の病気」と言われることもありますが自然に治ることはないため少しづつ症状が進むのが下肢静脈瘤です。
この程度の症状で病院に行くのは・・・と躊躇される方も多くいらっしゃいますが、
進行状況も個人個人で変わりますので気になる症状が出てきたときが診察のタイミングなのです!

下肢静脈瘤が発症する原因

下肢静脈瘤の種類

細い血管が表面に見えるクモの巣状のものから、肢がむくむ、だるい、重い、疲れやすい、足がつる(こむらがえり)、かゆみ、血管が浮き出てボコボコしている、皮膚の変色(色素沈着)、皮膚に穴が開く(潰瘍(かいよう))等、様々な症状があります。
以下に下肢静脈瘤の主な種類を述べます。

①大伏在静脈瘤
肢の付け根(鼠蹊部)あたりから深部につながる静脈で皮膚表面に近い太い静脈です。
大腿(ふともも)内側 足首内側の伏在静脈やその主要分岐に発生する瘤(こぶ)を大伏在静脈瘤といいます。
逆流を起こしている血管が次第に太くなり、皮膚の表面に立体的に浮いてきます。
②小伏在静脈瘤
大伏在静脈瘤と血管の場所が異なり、足首の後ろやひざの後ろにある皮膚表面に近い太い静脈に発症するものをいい、小伏在静脈瘤といいます。
こちらも逆流を起こすと血管が太くなり、皮膚の表面に立体的に浮いてきます。
③網目状静脈瘤
皮膚の表面に見える細い静脈が網目状に膨らんで発症する静脈瘤です。
④クモの巣状静脈瘤
網目状静脈瘤より細い静脈が蜘蛛の巣のように広がり見える静脈瘤で、瘤(こぶ)はなく軽傷の部類になります。しかし徐々に範囲が広がり足を露出するときに精神的に苦痛に感じる方もいます。

下肢静脈瘤の症状

mukumi

・足が痛い
・だるい
・重い
・疲れやすい
・足がかゆい
・足がむくむ
・足がつる(けいれん こむらがえり、明け方ふとんの中で起こるのが特徴的)
・足に色がつく(皮膚の色が変色している)
・湿疹がある
・皮膚が硬い
・皮膚に穴が開く(潰瘍) 出血している
・傷が治りにくい
・足に血管が浮き出ている
・足にこぶ(瘤)がある

以上の症状がある場合、下肢静脈瘤である可能性があります。
下肢静脈瘤は進行性の病気であり 徐々に悪化していきます。
症状がある場合は早期に専門の医療機関にて検査を行い治療適応があるかどうか相談することをお勧めします。

下肢静脈瘤の原因

senior

・足の筋力低下
(ふくらはぎの筋肉の収縮によって血液が心臓に戻りやすくなるポンプ機能が低下すると血流が滞りやすくなる)
・足の血管が弱くなる
・血管が柔らかい
・血縁ある人が静脈瘤
(逆流防止弁の損傷や機能低下、生まれつき弁の数が少ないなど、遺伝の可能性もあります)
cooks

・肥満
・加齢
・立ち仕事・座り仕事(立ちっぱなしや足を動かさず同じ姿勢が続くことにより、ふくらはぎの筋肉の収縮が少ないため)
・妊娠や出産(おなかが大きくなりおなかの中の圧力が上昇して下肢血管での逆流を引き起こすことがある)
・妊娠出産に伴うホルモン分泌の変化

下肢静脈瘤の予防

・適度な運動(ふくらはぎの筋肉が動くことでポンプ機能が働き血液が心臓に戻りやすくなる)
・足のマッサージ(下から上にもみあげると血流の一時的改善となり静脈瘤予防になる)
PAGETOP
Copyright © 沖縄形成外科クリニック All Rights Reserved.